ホーム > 本会の目的&活動内容

「邦人医療支援ネットワーク Japanese Medical Support Network 」(ジャムズネット)は、在ニューヨーク日本国総領事館仲本医務官(現在タンザニア公館勤務)とコロンビア大学の本間俊一教授とが協力され、ニューヨーク周辺の医療系邦人支援グループ(NPO)同士の情報交換、相互連携の構築を目的として2006年1月に発足いたしました。米国日本人医師会の元会長であるコロンビア大学の本間俊一教授を代表として、在ニューヨーク日本国総領事館医務班が側面支援を行っています。また、ニューヨーク日系人会ならびにニューヨーク市保健精神衛生局の坂神けいこ氏にアドバイザーをお願いしています。

 

■ サクラ・ヘルスフェア

共催:JAA邦人・日系人高齢者問題協議会(JAA)、邦人医療支援ネットワーク(JAMSNET)
後援:在ニューヨーク日本国総領事館

■ シニア・ウィーク

共催:JAA邦人・日系人高齢者問題協議会(JAA)、邦人医療支援ネットワーク(JAMSNET)
後援:在ニューヨーク日本国総領事館

■ 東日本大震災 福島・岩手・宮城への遠方支援活動

■ JAMSNETニューヨーク邦人メンタルヘルスネットワーク 遠方支援活動

■ 講演会・ワークショップの開催

■ 各種、参加団体の活動支援 (勉強会、ワークショップ、上映会等)

■ ジャパンデーへの参加

■ 「邦人医療支援ネットワーク:ジャムズネット」定例会議 年4回開催

■ 「邦人医療ネットワーク:ジャムズネット」運営委員会 年4回開催

■ JAMSNETニューヨーク邦人メンタルヘルスネットワーク 定例会議/勉強会の開催