ホーム > NEWS & EVENTS > 講演会&イベント情報

日本クラブ/米国日本人医師会共催 第40回ヘルスセミナー

講演会&イベント情報 2017/05/26

DNAの傷から読み解く生命の進化とがん

講師:山田 真太郎 先生(Molecular Biology Program, Memorial Sloan Kettering Cancer Center)

普通の細胞から発生して無秩序に増殖するがん細胞。がんは遺伝子の病気といわれます。ただし多くのがんは親から子に「遺伝」しません。私達の体を作る細胞の遺伝子DNA)が、生きていく中で何らかの原因で傷つき、間違った設計図になることががんの始まりです。本セミナーでは、病気にならないように私達の体が傷ついたDNAをどのように治しているのかついて概説します。

DNAの傷はがんだけでなく老化や細胞死の原因にもなり有害です。しかし意外にも私達のDNAはある程度のエラーを許容するようにできています。これは長期的にみると生命の進化にとって重要です。実際、生殖細胞は自らDNAの一部を傷つけることで子孫に受け継がれる遺伝子の多様性を増やします。演者らは実験動物を用いて従来の1000倍の解像度で生殖細胞のDNAの傷を検出する方法を開発しました。その結果、DNAの傷を巧妙に治す細胞のミクロの世界が明らかになってきました。DNA修復の立場からみた病気や進化、DNA修復の機能を応用したバイオテクノロジーについて、演者らの研究成果もふまえてお話しできればと思います。

開催日: 2017年5月31日 (水) 6:30 pm - 8:30 pm
6:30 - 8:00 pm (講演会)
8:00 - 8:30 pm (懇親会)
場所: 日本クラブ 5F サクラルーム (日本クラブ 145 West 57th Street, New York, NY 10019)
参加費 (軽食・ワイン、ソフトドリンク込み): 会員 $10 / ゲスト・一般 $15
お申込みは、お問い合わせ:日本クラブ担当、内藤まで(E-mail:hnaito@nipponclub.org / TEL : 212-581-2223) ウエブサイトでの詳細は、http://www.nipponclub.org にて御覧下さい。
詳細はこちらをクリックください

講師略歴:
山田 真太郎 (やまだ しんたろう)
Shintaro Yamada, Ph.D (Molecular Biology Program, Memorial Sloan Kettering Cancer Center)

2008年 東京大学理学部卒業、2013年 東京大学大学院理学系研究科修了(理学博士)。日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院総合文化研究科博士研究員を経て、2013年よりMemorial Sloan Kettering Cancer Center博士研究員。医療関係者と医学に興味がある全ての方を対象とした「米国日本人医師会(JMSA)ニューヨークライフサイエンスフォーラム」の運営委員。

Nippon Club 40th Health Seminar in cooperation with Japanese Medical Society of America
Evolution of life and cancer - unraveled from DNA scratches

※ This seminar will be conducted in Japanese

Lecturer: Shintaro Yamada, Ph.D (Molecular Biology Program, Memorial Sloan Kettering Cancer Center)

Date: Wednesday, May 31st 6:30 pm – 8:30 pm
Place: Nippon Club 5th Floor Sakura Room
F e e: Club Member $10 / Guest $15 (includes wine, soft drink & appetizer)
Detail: Contact Naito (E-mail: hnaito@nipponclub.org / TEL: 212-581-2223)
Please see more details at website: http://www.nipponclub.org