ホーム > NEWS & EVENTS

東日本大震災の被災者の方々の支援者向けウエビナーシリーズ:マインドフルネス編

トップ記事 2016/05/26

20160311-110_mainpic2_2_.jpg

「これはメンタルヘルスのプロフェッショナルが作っているNY邦人メンタルヘルスネットワークが、東日本大震災の被災者の方々の支援をしていらっしゃる人たちのために制作したウエビナーシリーズです。現場で頑張っていらっしゃる支援者の方々が支援をする中で、使っていただけるよう願いを込めて制作しました。
今回公開するのは「マインドフルネス編」。マインドフルネスとは日本文化の中に古来からもともとあったコンセプトです。マンドフルネスとは何なのか、どんな効用があるのか、リサーチではどんな結果が出ているのか、またそれを現在どう生活の中で使っていけるかをお話ししていきます。また、実際にマインドフルネスを手軽に体験していたけるよう誘導瞑想の動画も最後の章に用意しています(4〜6章)。
*NY邦人メンタルヘルスネットワークはJAMSNET(Japanese Medical Support Network in NY) のサブグループです。」

序章  https://youtu.be/VdYGEqAMs2E

マインドフルネス

第1章 https://youtu.be/-GPFOkDXaS8
第2章 https://youtu.be/5NRs_ZSyQxU
第3章 https://youtu.be/1P_xTfG8Y5Y
第4章 https://youtu.be/F_MVi5BBDv0
第5章 https://youtu.be/qNrDChippWw
第6章 https://youtu.be/DmSwgjUjg20

NY邦人メンタルヘルスネットワーク
http://www.jamsnet.org/110.php

第3回JAMSNET World会議:資料

ニュース 2016/04/27

20130318-jamsnetlogo.jpg

2016年4月8日から4月10日の期間に、第3回JAMSNET World会議が行われました。講演会の資料をダウンロード頂けます。

テーマ:『世界の医療事情 』

日時:2016年 4月 9日(土) 10:00AM~正午
場所:日系人会館 (49 W45 St, 11Fl, NYC)
司会:本間俊一 (コロンビア大学医学部循環器内科教授)JAMSNET 邦人医療サポートネッワーク代表
講師:仲本光一(外務省診療所長)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)、佐々江龍一郎 (General Practitioner, The Boileau Road Surgery)

仲本光一(外務省診療所長)PPT資料のダウンロードはこちらをクリックください

吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)PPT資料のダウンロードはこちらをクリックください

テーマ:『海外駐在とメンタルヘス 』

日時: 2016年 4月 8日(金) 10:30AM~正午
場所: 日本クラブ (5階サクラルーム)
講師:松永優子(東京医科大学渡航者療センター)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)
共催:JAMSNET/JCCI/日本クラブ

吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)PPT資料のダウンロードはこちらをクリックください

テーマ:『海外生活とメンタルヘルス』

日時:2016 年 4月 9日 15 :00~16:45
場所:日系人会館 (49 W45 St, 11Fl, NYC )
講師:齊藤恵真(児童精神科医 、Zucker Hillside Hospital病棟医長)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)

吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)PPT資料のダウンロードはこちらをクリックください

Consortium for Japan Relief (CJR)からお知らせ:Saturday, April 23rd, 2016@Sakura Health Fair

講演会&イベント情報 2016/04/13

Please join us for CJR’s 5th annual symposium commemorating the Great East Japan Earthquake. We are holding this year’s event in April because we have the wonderful opportunity to be part of the 8th Sakura Health Fair, sponsored by the Japanese American Association of New York (JAANY), the Japanese Medical Support Network in New York (JAMSNET), and The Consulate General of Japan in New York. Please find the details of our symposium below and in the attached flyer. We have also attached a schedule of all the Sakura Health Fair events in April (in English and Japanese).

20160415-cjr_poster_2016_final_ver3_.jpg

Theme: "Understanding the Great East Japan Earthquake and Tsunami in a Global Context: Shared Stories and Lessons of the Natural Disasters in Japan, Haiti, and New York"

Date: Saturday, April 23rd, 2016
Time: 3pm – 6pm (brief intermission with light refreshments included)
Location: JAA Hall, 49 West 45th Street (between 5th and 6th Avenues), 11th floor
RSVP: 212-840-6942 or info@jaany.org
Speakers:
1) Atsushi Kumagai, M.D., Ph.D., Fukushima Medical University, Fukushima Prefecture, Japan
2) Jake Price, filmmaker of Unknown Spring and The Invisible Season
3) Theódule Jean-Baptiste, M.D., Fulbright Scholar, University of Alabama at Birmingham
4) Cynthia Barton, New York City Emergency Management

This year we will highlight the state of the Tohoku region and touch upon the many successes and some of the ongoing concerns in the area. We also want to connect Japan to natural disasters that have happened in Haiti and New York so that we can begin to think about how lessons learned pre- and post-disaster can be applied to similar situations in the future.

As this is CJR’s last year, we encourage you all to join us for this symposium and to share this information with your colleagues, friends, and family. We also want to thank you all for your continued support over the years and for making each of our events special. We hope that the dialogue we have begun in our symposiums and events will continue for many years to come.

Sincerely Yours,

Kirsten Homma & Fred Tsutagawa
2015-16 CJR Co-Presidents

New York Asian Women’s Center:イベントのお知らせ

講演会&イベント情報 2016/04/13

聞いてみたかった!性(セクシャリティ)について
日時:5月7日(土)10時~11時半
場所:ブルックリン日本語学園 図書館にて
参加ご希望の場合は4月30日までに堀川( chorikawa@nyawc.org )にご連絡ください。
「性について話すのって恥ずかしい」
「子どもが自分の体に興味を持っているみたい。これって普通?」
「大きくなったら自然にわかることなんじゃない?」
“性”についての話し合いを家庭の中で持つことは難しい、と考えている方が多いのが現状です。話し合いをすることで将来的にどのようなメリットが考えられるか、どのように子どもにアプローチできるか、一緒に考えてみませんか。
チラシをダウンロード頂けます。クリックください

Bridging International Differences
日時:5月19日10-1時
場所:7 W. 55th St.
アジア系の子どもたちと話す・仕事をする時に私たち大人が抱えるチャレンジや文化的・世代的違いについて話し合います。大枠部分は英語でのワークショップになりますが、途中言語ごとの小グループに分かれて話し合う時間も持ちます。参加ご希望の場合は、5月9日までにBetty Rose ( bgreen@nyawc.org )にご連絡ください。


New York Asian Women’s Center
www.nyawc.org

IDNYCの情報:日本語パンフレットと申込用紙

ニュース 2016/04/13

ニューヨーク市のIDNYCのパンフレットと日本語の申込用紙を以下からダウンロード頂けます。

日本語パンフレットはこちらをクリックください

日本語の申込用紙はこちらをクリックください

プログラムの詳細は、ニューヨーク市の以下のサイトからご覧ください。
http://www1.nyc.gov/site/idnyc/about/about.page

New York City residents are now able to sign up for IDNYC – a government-issued identification card that is available to all City residents age 14 and older. Immigration status does not matter. Mayor Bill de Blasio announced this initiative in his State of the City address in January 2014 and less than one year later proudly launched the largest municipal identification card program in the nation.

GETTING YOUR IDNYC CARD:
All New York City residents age 14 and older can get an IDNYC card. Applicants must complete an application and submit it at an IDNYC Enrollment Center. Applicants are also required to present proof of identity and residency in New York City. Many types of documents are accepted, all of which are listed here. You must submit your application and proof of identity and residency in person at an IDNYC Enrollment Center or an IDNYC Pop-Up Enrollment Center, which travels to neighborhoods across the City. After you apply for the card, it will be sent to you in the mail.

The IDNYC card is free for all New Yorkers who apply during the first year of the program – until December 31, 2016. Cards are valid for five years from the date the application is approved. The application process is accessible to people with limited English proficiency and people with disabilities.

USING YOUR IDNYC CARD:
The IDNYC card is an accessible and secure document that enables residents to access City services and grant admission to City buildings, such as schools. In addition, the card can be presented as proof of identification for interacting with the police and is an accepted form of identification for opening a banking account at select financial institutions.You are able to use your IDNYC card at any public library in New York. The card can be integrated with your account at the New York, Brooklyn, and Queens Public Library Systems. This is the first time a single card can be utilized across all three systems. To use your IDNYC card at a library, ask a librarian or a library clerk at your local branch to connect your IDNYC card with your library account or sign up for a new library account and use your IDNYC card as your library card.Furthermore, a number of additional benefits are available to IDNYC cardholders including the opportunity to sign up for free one-year memberships at 40 of the city's leading museums, zoos, concert halls, and botanical gardens. The IDNYC card offers a full package of exciting benefits that includes discounts on movie tickets, sporting events, prescription drugs, fitness and health centers, supermarkets, and New York City attractions. The card is also accepted at a number of banks and credit unions in the city to open a bank account.

第3回JAMSNET World会議が開催されました

ニュース 2016/04/11

20130318-jamsnetlogo.jpg

2016年4月8日から4月10日の期間に、第3回JAMSNET World会議が行われました。 JAMSNETの関連団体のJAMSNET東京から6名、JAMSNETアジアから2名、JAMSNETカナダから2名がニューヨークに集まりました。4月8日午後2時30分から在ニューヨーク日本国総領事館大会議室で総会が開催されました。26団体が参加しまして総参加者数は41名でした。

会議の風景

20160411-jamsnet2016-04-08_024.jpg

20160411-jamsnet2016-04-08_025.jpg

20160411-jamsnet2016-04-08_032.jpg

総会と同日の午後5時30分から公邸に場所を移しましてレセプションが開催されました。高橋大使からご挨拶を頂き、日頃のJAMSNETの活動にご協力いただいている各団体や、関係者が集まり、JAMSNET東京の池田みどりさんのジャズ演奏を聞きながら、和やかにレセプションが行われました。64名の皆様にご参加いただきました。

公邸でのレセプションの風景

高橋大使
20160411-jamsnet2016-04-08_040.jpg

本間代表
20160411-jamsnet2016-04-08_054.jpg

司会の柳澤医師
20160411-jamsnet2016-04-08_035.jpg

仲本医師、野田氏
20160411-jamsnet2016-04-08_041.jpg

バーンズ氏
20160411-jamsnet2016-04-08_075.jpg

Kotaro Barnes Award 受賞者のKirsten Homma氏
20160411-jamsnet2016-04-08_081.jpg

加納氏からKirsten Homma氏へ授与
20160411-jamsnet2016-04-08_082.jpg

金山氏
20160411-jamsnet2016-04-08_077.jpg

高橋氏
20160411-jamsnet2016-04-08_079.jpg
レセプションの風景
池田みどりさん、ピアノ演奏
20160411-jamsnet2016-04-08_049.jpg

20160411-jamsnet2016-04-08_061.jpg

20160411-jamsnet2016-04-08_064.jpg

20160411-jamsnet2016-04-08_062.jpg

20160411-jamsnet2016-04-08_087.jpg

20160411-jamsnet2016-04-08_034.jpg

20160411-img_1318.jpg

第8回サクラ・ヘルスフェア開催のお知らせ

講演会&イベント情報 2016/03/29

20130321-logo.jpg20130318-jamsnetlogo.jpg

20150331-20140413jamsworld_1381.jpg

ニューヨーク日系人会と邦人医療支援ネットワーク(JAMSNET)は、在NY日本国総領事館の後援を得て、2016年4月8日から4月30日の期間に、「 サクラと文化と健康!」と題して多くのプログラムを企画しております。参加料は無料で、どなたでもご参加頂けます。知って得する情報が満載です。NY近郊にお住いの皆様、奮ってご参加ください。

申し込み・問い合わせ:日系人会
Tel: 212-840-6942, 6899
E-Mail: info@jaany.org

第8回サクラ・ヘルスフェア、スケジュールは下記からダウンロード頂けます。
スケジュールはこちらをクリックください

JAMSNET WORLD講演会開催:2016年4月8日(金)から4月10日(日)

講演会&イベント情報 2016/03/23

20130318-jamsnetlogo.jpg

第3回ジャムズネットワールドが下記の要領で開催されます。一般の方向けの講演会ですので、是非、大勢の方のご参加をお待ちしています。

テーマ:『海外駐在とメンタルヘス 』

日時: 2016年 4月 8日(金) 10:30AM~正午
場所: 日本クラブ (5階サクラルーム)
参加費: $20 (お申し込みは お申し込みは info@jcciny.org 及び 212 -246 -8001 稲垣 まで)
定員: 60 名 (定員になり次第、締め切らせていただきます)
講師:松永優子(東京医科大学渡航者療センター)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)
共催:JAMSNET/JCCI/日本クラブ
海外駐在とメンタルヘス 講演会の詳細と申し込み用紙はこちらをクリックください

テーマ:『世界の医療事情 』

日時:2016年 4月 9日(土) 10:00AM~正午
場所:日系人会館 (49 W45 St, 11Fl, NYC)
定員:50名 お申し込みは、 212 -840 -6942 6942 あるいは info@jaany.orgまで )
司会:本間俊一 (コロンビア大学医学部循環器内科教授)JAMSNET 邦人医療サポートネッワーク代表
講師:仲本光一(外務省診療所長)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)、佐々江龍一郎 (General Practitioner, The Boileau Road Surgery)
世界の医療事情講演会の詳細はこちらをクリックください

テーマ:『高齢者ともに 』

日時:2016 年 4月 9日 12:30 ~14:30
場所:日系人会館 (49 W45 St, 11Fl, NYC )
定員:50名 (お申し込みは、212 -840 -6942 6942 あるいは info@jaany.org まで )
講師:”井上孝代(明治学院大名誉教授、臨床心理士)、岡田慎一郎 (理学療法士・介護福祉士)、傳法清 (モミジヘルスケア協会コミュニティー・プログラムズ・コーディネーター)
高齢者ともに 講演会の詳細はこちらをクリックください

テーマ:『海外生活とメンタルヘルス』

日時:2016 年 4月 9日 15 :00~16:45
場所:日系人会館 (49 W45 St, 11Fl, NYC )
定員:50名(お申し込みは、212-840-6942 あるいはinfo@jaany.orginfo@jaany.org まで )
講師:齊藤恵真(児童精神科医 、Zucker Hillside Hospital病棟医長)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)
海外生活とメンタルヘルス 講演会の詳細はこちらをクリックください

BCネットワーク:第9回乳がんシンポジウム@NY

講演会&イベント情報 2016/03/21

20120815-bc.jpg

JAMSNET参加団体のBCネットワークが、4月23日(土)にニューヨーク日本クラブにて、恒例第9回乳がんシンポジウム@NYを開催します。JAMSNETもサポートをしています。

米国の乳がん学会にいつも参加される東京医科大学乳腺科主任教授の石川 孝(たかし)先生を迎え、『米国と日本での乳がん治療の違い』をトピックに講演していただきます。またマンハッタンのマウントサイナイからは、日本語を話す若手乳がん腫瘍内科医師の入江 はな先生に、乳がん早期発見のための『基本的な乳がん発見検診ガイドライン』を講演していただきます。参加者対象は、乳がん患者・経験者だけでなく、乳がん検診に興味のある女性にも参加いただける内容担っています。今年は、新しく乳がん経験者さんにもデイスカションに加わってもらい、医師と患者・経験者が参加者さんからの質問を受けるだけでなく、経験談を披露します。経験者さんは、若年乳がん経験者のキャッツ洋子さんです。ご期待ください!詳細は、BCネットワークのホームページと以下のフライヤーをご覧ください。参加お申し込みは、ホームページからのネットお申し込みをお願いします。

詳細はこちらをクリックください

開催日:2016年4月23日(土)
会 場:日本クラブ(46 West, 57 Street, New York, NY、カーネギーホール前)
時 間:13時〜16時
挨 拶:高橋 雅子様(在ニューヨーク日本国総領事大使高橋礼次郎夫人)
司 会:久下香織子キャスター(FCI-NY)
共 催:ジャムズネット
講 師:石川孝(たかし)医師(東京医科大学乳腺科主任教授)
講 師:入江はな医師(マウントサイナイ・腫瘍内科准教授)

ご質問は、(646) 461-8474にお名前とお電話番号のメーッセージをお残し下さい。次の日には折り返しお電話します。

BCネットワーク運営メンバー一同
http://bcnetwork.org

東日本大震災の被災者の方々の支援者向けウエビナーシリーズ

ニュース 2016/03/11

20160311-110_mainpic2_2_.jpg

「これはメンタルヘルスのプロフェッショナルが作っているNY邦人メンタルヘルスネットワークが、東日本大震災の被災者の方々の支援をしていらっしゃる人たちのために制作したウエビナーシリーズです。現場で頑張っていらっしゃる支援者の方々が支援をする中で、使っていただけるよう願いを込めて制作しました。

今回公開するのは「マインドフルネス編」。マインドフルネスとは日本文化の中に古来からもともとあったコンセプトです。マンドフルネスとは何なのか、どんな効用があるのか、リサーチではどんな結果が出ているのか、またそれを現在どう生活の中で使っていけるかをお話ししていきます。また、実際にマインドフルネスを手軽に体験していたけるよう誘導瞑想の動画も最後の章に用意しています(4〜6章)。
*NY邦人メンタルヘルスネットワークはJAMSNET(Japanese Medical Support Network in NY) のサブグループです。」

序章  https://youtu.be/VdYGEqAMs2E
マインドフルネス
第1章 https://youtu.be/-GPFOkDXaS8
第2章 https://youtu.be/5NRs_ZSyQxU
第3章 https://youtu.be/1P_xTfG8Y5Y
第4章 https://youtu.be/F_MVi5BBDv0
第5章 https://youtu.be/qNrDChippWw
第6章 https://youtu.be/DmSwgjUjg20

NY邦人メンタルヘルスネットワーク
http://www.jamsnet.org/110.php
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»