ホーム > NEWS & EVENTS

JAMSNET WORLD講演会開催:2016年4月8日(金)から4月10日(日)

講演会&イベント情報 2016/03/23

20130318-jamsnetlogo.jpg

第3回ジャムズネットワールドが下記の要領で開催されます。一般の方向けの講演会ですので、是非、大勢の方のご参加をお待ちしています。

テーマ:『海外駐在とメンタルヘス 』

日時: 2016年 4月 8日(金) 10:30AM~正午
場所: 日本クラブ (5階サクラルーム)
参加費: $20 (お申し込みは お申し込みは info@jcciny.org 及び 212 -246 -8001 稲垣 まで)
定員: 60 名 (定員になり次第、締め切らせていただきます)
講師:松永優子(東京医科大学渡航者療センター)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)
共催:JAMSNET/JCCI/日本クラブ
海外駐在とメンタルヘス 講演会の詳細と申し込み用紙はこちらをクリックください

テーマ:『世界の医療事情 』

日時:2016年 4月 9日(土) 10:00AM~正午
場所:日系人会館 (49 W45 St, 11Fl, NYC)
定員:50名 お申し込みは、 212 -840 -6942 6942 あるいは info@jaany.orgまで )
司会:本間俊一 (コロンビア大学医学部循環器内科教授)JAMSNET 邦人医療サポートネッワーク代表
講師:仲本光一(外務省診療所長)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)、佐々江龍一郎 (General Practitioner, The Boileau Road Surgery)
世界の医療事情講演会の詳細はこちらをクリックください

テーマ:『高齢者ともに 』

日時:2016 年 4月 9日 12:30 ~14:30
場所:日系人会館 (49 W45 St, 11Fl, NYC )
定員:50名 (お申し込みは、212 -840 -6942 6942 あるいは info@jaany.org まで )
講師:”井上孝代(明治学院大名誉教授、臨床心理士)、岡田慎一郎 (理学療法士・介護福祉士)、傳法清 (モミジヘルスケア協会コミュニティー・プログラムズ・コーディネーター)
高齢者ともに 講演会の詳細はこちらをクリックください

テーマ:『海外生活とメンタルヘルス』

日時:2016 年 4月 9日 15 :00~16:45
場所:日系人会館 (49 W45 St, 11Fl, NYC )
定員:50名(お申し込みは、212-840-6942 あるいはinfo@jaany.orginfo@jaany.org まで )
講師:齊藤恵真(児童精神科医 、Zucker Hillside Hospital病棟医長)、吉田常孝(タイ日本国大使館一等書記官兼医務官)
海外生活とメンタルヘルス 講演会の詳細はこちらをクリックください

BCネットワーク:第9回乳がんシンポジウム@NY

講演会&イベント情報 2016/03/21

20120815-bc.jpg

JAMSNET参加団体のBCネットワークが、4月23日(土)にニューヨーク日本クラブにて、恒例第9回乳がんシンポジウム@NYを開催します。JAMSNETもサポートをしています。

米国の乳がん学会にいつも参加される東京医科大学乳腺科主任教授の石川 孝(たかし)先生を迎え、『米国と日本での乳がん治療の違い』をトピックに講演していただきます。またマンハッタンのマウントサイナイからは、日本語を話す若手乳がん腫瘍内科医師の入江 はな先生に、乳がん早期発見のための『基本的な乳がん発見検診ガイドライン』を講演していただきます。参加者対象は、乳がん患者・経験者だけでなく、乳がん検診に興味のある女性にも参加いただける内容担っています。今年は、新しく乳がん経験者さんにもデイスカションに加わってもらい、医師と患者・経験者が参加者さんからの質問を受けるだけでなく、経験談を披露します。経験者さんは、若年乳がん経験者のキャッツ洋子さんです。ご期待ください!詳細は、BCネットワークのホームページと以下のフライヤーをご覧ください。参加お申し込みは、ホームページからのネットお申し込みをお願いします。

詳細はこちらをクリックください

開催日:2016年4月23日(土)
会 場:日本クラブ(46 West, 57 Street, New York, NY、カーネギーホール前)
時 間:13時〜16時
挨 拶:高橋 雅子様(在ニューヨーク日本国総領事大使高橋礼次郎夫人)
司 会:久下香織子キャスター(FCI-NY)
共 催:ジャムズネット
講 師:石川孝(たかし)医師(東京医科大学乳腺科主任教授)
講 師:入江はな医師(マウントサイナイ・腫瘍内科准教授)

ご質問は、(646) 461-8474にお名前とお電話番号のメーッセージをお残し下さい。次の日には折り返しお電話します。

BCネットワーク運営メンバー一同
http://bcnetwork.org

東日本大震災の被災者の方々の支援者向けウエビナーシリーズ

ニュース 2016/03/11

20160311-110_mainpic2_2_.jpg

「これはメンタルヘルスのプロフェッショナルが作っているNY邦人メンタルヘルスネットワークが、東日本大震災の被災者の方々の支援をしていらっしゃる人たちのために制作したウエビナーシリーズです。現場で頑張っていらっしゃる支援者の方々が支援をする中で、使っていただけるよう願いを込めて制作しました。

今回公開するのは「マインドフルネス編」。マインドフルネスとは日本文化の中に古来からもともとあったコンセプトです。マンドフルネスとは何なのか、どんな効用があるのか、リサーチではどんな結果が出ているのか、またそれを現在どう生活の中で使っていけるかをお話ししていきます。また、実際にマインドフルネスを手軽に体験していたけるよう誘導瞑想の動画も最後の章に用意しています(4〜6章)。
*NY邦人メンタルヘルスネットワークはJAMSNET(Japanese Medical Support Network in NY) のサブグループです。」

序章  https://youtu.be/VdYGEqAMs2E
マインドフルネス
第1章 https://youtu.be/-GPFOkDXaS8
第2章 https://youtu.be/5NRs_ZSyQxU
第3章 https://youtu.be/1P_xTfG8Y5Y
第4章 https://youtu.be/F_MVi5BBDv0
第5章 https://youtu.be/qNrDChippWw
第6章 https://youtu.be/DmSwgjUjg20

NY邦人メンタルヘルスネットワーク
http://www.jamsnet.org/110.php

柳澤先生(JMSA)からお知らせ:3-11 and 9-11 Survivor Stories

ニュース 2016/02/08

The Great East Japan Earthquake and Tsunami: Five Years Later

20160208-3-11_209-11_20merged_20image_0.jpg

JMSA やJAMSNETの活動の一環として、本間先生、仲本先生、鈴木満先生などと一緒に発展させてきた9.11から3.11へのアウトリーチのプログラムをこのNew York にて日米の交流に興味のある方々に大きく紹介するべく、3/8の午後6:30から8PMの250人のAuditoriumにてのプログラムをAsia Society 725 Park Avenue New York, NY 10021にて行うことになりました。このプログラムはJapan Societyともクロスプロモートしています。

Asia SocietyはJapan Societyと同じくロックフェラーが60年前に米国とアジアの架け橋になるべく設立した非営利団代で著名な方々がメンバーであり、そのネットワークはかなり大きなものですので、この9.11と3.11の日米の絆を紹介するには最高の機会だと思います。

当日は午後6:30から8PMのAuditoriumにてのプログラム
1. 東日本大震災の様子を振り返るビデオ(2分)
2. 被災者同士の交流支援の意義について紹介(5分)
3. 9/11から3/11への交流の様子を纏めたビデオ(6分)
4. 9/11の被災者と3/11の被災者をそれぞれ3名づつパネルスピーカーとしてステージに招く
5. 司会者によるパネルディスカッション(60分)
6. 視聴者からの質問やコメント(15分)
8-9PM 高橋大使、日本からのプレゼンター、9/11家族会などを含むレセプション
被災者同士の対話を繰り返している意義や双方へのインパクトについて語り合い、またAsia Societyを通してこの交流を一層深化させる機会かと思います。この日米の素晴らしい絆をできるだけ多くの方々に知って頂きたいと思います。
http://asiasociety.org/new-york/events/3-11-and-9-11-survivor-stories

柳澤ロバート貴裕

The Great East Japan Earthquake on March 11, 2011 and the ensuing tsunami and nuclear accident created almost unfathomable challenges and trauma for residents of Northern Japan. Five years later, this special Asia Society event will showcase the powerful stories of an outreach program that has joined the survivors, first responders and families of victims from the so-called “3-11” disaster with their counterparts who suffered their own traumas a decade earlier, after the attacks of September 11, 2001. Beginning in 2012, members of the 9/11 Tribute Center, traveled to Japan on missions of compassion and community outreach to share their own experiences of tragedy, loss, recovery and resilience. For four years, these family members, survivors and first responders of the two disasters have traveled back and forth between Japan and the U.S., in an exchange that has yielded profound, life-changing results. Although the two catastrophes had different causes and impact, the more general issues of coping with large-scale disaster and its repercussions are universal. Asia Society is proud to present “3-11 and 9-11: Survivor Stories” featuring representatives from both communities, a short documentary film, and a conversation about the power of human connection and healing.

Program from 6:30 PM
Reception from 8 PM

Speakers:
Keizo Hara, MD, is a local psychiatrist who established Kara-Koro (Mind and Body) Clinic in Ishinomaki, where the Tsunami reached 33 feet high and killed more than 3,000 people on 3/11/2011.

Toshiko Hasegawa, a member of Tokyo Fire Department and a friend of FDNY for 20 years. She is dedicated to helping 9.11 to 3.11 mission of compassion throughout North East Japan.

Ann Van Hine,who spent her most of professional career teaching children lost her husband on 9/11, Bruce Van Hine, a member of the FDNY. Ann brought messages from children in NY wishing strength and courage to Japan.

Craig L. Katz, MD, is a disaster psychiatrist and directs the Global Mental Health at the Icahn School of Medicine at Mount Sinai. He founded the World Trade Center Mental Health Program after 9/11.

Stephen Kern an attorney for the Port Authority of NY and NJ, survived 9/11 by walking down 62 flights in the North Tower seconds before it collapsed. In Japan, he found parallels to his experiences after 9/11

Tom Nagorski (moderator) Executive Vice President, Asia Society

Sho Takahashi, MD, PhD, and his team of Disaster Psychiatry at University of Tsukuba have been assisting 9.11 to 3.11 missions in relations to other disasters around the world.

Robert T. Yanagisawa, MD, is the Vice President of the Japanese Medical Society of America. Partnering with Dr. Katz, they have introduced a multidisciplinary approach for long-term disaster recovery in the Tohoku region.

Kazuma Yonekura (via Skype) RN, directs Kokoro-no-Care Nagomi, a mental health clinic that supports nuclear plant disaster-stricken young mothers, children, and elderly living in temporary housing in the Soma region of Fukushima.

Collaborating partner: Japan Society

JAMSNET代表の本間俊一教授が外務大臣賞を受賞

トップ記事 2016/01/29

コミュニティーへのヘルスケアに貢献

コロンビア大学循環器内科教授、JAMSNET代表、元米国日本人医師会会長の本間俊一教授が、このほど外務大臣賞を授与され、1月22日、ニューヨーク市内の大使公邸で授与式が行われました。髙橋礼一郎在ニューヨーク総領事・大使が、本間教授の受賞理由と人柄の紹介をされて、岩原誠医師が本間教授をSt. ニコラウスに例え祝辞を述べた後、ジャネット・タカムラ博士(コロンビア大学社会福祉学部長)と本庄洋介氏(伊藤園ノースアメリカ社長)からの祝辞を、それぞれ代理人が読み上げました。本庄氏は、本間代表の熱意にシンパシーを感じ、本間代表の活動に敬意を表し、継続した支援をしたいと述べられました。

受賞は、アメリカの日本人・日系人コミュニティーへのヘルスケア面での貢献が認められたもので、米国日本人医師会(1973年ニューヨークで創設)では、2005~08年まで会長を務め、画期的にその活動範囲を広げました。 本間教授は、在ニューヨークの日本企業から寄付を募り、医学生のための奨学金プログラムを充実させ、2006年にはニューヨーク日本国総領事館の当時の医務官(仲本光一医師)とともに、JAMSNET(邦人医療支援ネットワーク)を創設して現在も代表として活動しています。JAMSNETは、ニューヨーク周辺の医療系邦人支援NPOらの交流・相互協力の場として設立され、日系コミュニティー向けに無料のヘルスセミナー開催など、活発に活動を続けている。この4月には第3回ジャムズネット・ワールド会議がニューヨークで開催される予定です。

本間教授は、受賞の挨拶に「医療分野、企業、領事館、日系人会をはじめとして日系コミュニティーにおける多くの仲間との共同作業と、その継続が今回の受賞につながった」と語られました。

20160129-dsc_9681.jpg
本間代表の受賞スピーチ

20160129-dsc_9611.jpg
右、髙橋礼一郎在ニューヨーク総領事・大使

20160129-dsc_9860.jpg
左から髙橋礼一郎在ニューヨーク総領事・大使ご夫妻、本間 Kirsten女史、本間俊一教授、森脇Gary氏

20160129-dsc_9650.jpg
授賞式の風景

JMSAからお知らせ:パネルディスカッション 『ニューヨークの日本人医師たちの歴史と体験』

講演会&イベント情報 2015/11/10

日本クラブ創立110周年記念
パネルディスカッション『ニューヨークの日本人医師たちの歴史と体験』

日本クラブ創立110周年記念「ドクターノグチのニューヨーク・ニューヨーク」展に合わせ、これまで地域を中心に活躍されてきた、ニューヨークで診療、研究活動をされた日本人医師たちの歴史と業績を振り返るとともに、現在活躍中の医師たちによるパネルディスカッションを開催致します。

卓越した医師たちの体験談、苦労話、抱える課題、日本とアメリカ社会との違い等、医療の面から日米社会を支える人々の素顔を知る貴重な機会です。本パネルディスカッションは公開形式で行われます。是非ご参加下さい。(討論会は日本語で行われます。)

開催日:2015年11月19日(木) 6:30 – 8:30 pm
6:30 – 8:00 pm (パネルディスカッション)
8:00 – 8:30 pm(懇親会)
場所:日本クラブ 2F ローズルーム
  145 West 57th street, New York, NY 10019
参加費 会員 10ドル / 一般 15ドル(ワイン、ソフトドリンク代含む)
申込みは、問い合わせ:日本クラブ (担当:小林Tel:212-581-2223、E-mail:kkobayashi@nipponclub.org)

パネリスト略歴(敬称略)

新名美次(前米国日本人医師会会長、マウントサイナイ医科大学及びニューヨーク医科大学准教授)
1968年に北海道大学医学部卒。1969年に来米。1974年に眼科学のレジデンシーを終え、ニューヨーク市で開業。1970-77年、米陸軍(第74野戦病院の部隊指揮官に貢献することを含む)に奉仕。 1974年にアメリカ日本医学会の設立に尽力。そして、5年(1995-2000)間、会長及びディレクター。 又、ニューヨーク日系人会、日系人ライオンズクラブディクター(会長として6年間)。2005年から現在まで、聖ヨハネ騎士団(せいヨハネきしだん)騎士。ニューヨーク医科大学、カール・アイカン医学部マウント・サイナイ病院の臨床眼科学准教授。ニューヨーク・アイ・アンド・イヤー診療所、マンハッタン・アイ・アンド・イヤー・スロート病院・ロングアイランド・ジューイッシュ・レノックス・ヒル病院の所属医。120を超えるプレゼンテーション、25以上の出版された論文、14の国際的な講義や指導を行い、資格を持つ。スキー、スキューバダイバー、テニスが趣味。

本間俊一(前米国日本人医師会会長、コロンビア大学医学部教授)
ダートマス大学、アルバート・アインシュタイン医科大学卒。 マサチューセッツ総合病院で、ニューヨーク市のコロンビア-プレスビテリアン病院で心臓学を学ぶ。そして、ハーバード・メディカル・スクールとコロンビア大学でフェローシップ職を得る。現在は、コロンビア大学医療センターの心臓学部の副主任、非侵襲的心臓画像診断のディレクターとして勤務。米国日本人医師会理事長在職中、野口博士の墓地を管理するための、ウッドラウン墓地とロックフェラー大学との共同の関係を明確化した。また、ニューヨーク野口英世記念会の理事長。日系コミュニティのための効果的な医療サービスを提供するためにニューヨーク・メトロポリタン・エリアに23の組織を繋ぎ、ニューヨーク総領事館とも連携する、日本の医療ネットワーク(JAMSNET)の創立メンバー。このネットワークは現在、世界に拡大している。

柳澤貴裕(米国日本人医師会副会長、マウントサイナイ医科大学教授)
1994年米国ブラウン大学医学部卒業、米国内科研修後、日本の医師免許も取得。マサチューセッツ大学にて内分泌科専門課程を終え、2001年よりニューヨーク、マウントサイナイ医科大学に勤務。現在内分泌科研修プログラムの主任で内分泌内科教授を勤める。東日本大震災ではボランチア医療支援チームを日本のDMATと展開。2011年より現在も東北を頻繁に訪れ、心のケアチームや災害医療学習センターと共に新しい地域医療を促進している。震災後9.11家族会を毎年ニューヨークから訪日させ、東北各地で様々な交流を持たせ被災者に勇気と希望を与えている。米国日本人医師会が中心のこの活動は、2015年3月に日本国際交流のシンクタンクであるJCIEから、世界の様々な災害に応用しうる革新的な事例の4選に選ばれた。

司会
スーザン大沼(日系人会会長、弁護士)
安西 弦(米国日本人医師会会長、産婦人科医)

月間グローバル10月号 「世界に広がるジャムズネットの活動」

ニュース 2015/10/13

日本在外企業協会発行の最新号にジャムズネットについての紹介記事が掲載されています。一部はこちらでご覧になられます。

日本在外企業協会、最新号紹介
http://www.joea.or.jp/publication/globalmanagement

「世界に広がるジャムズネットの活動」
http://www.joea.or.jp/wp-content/uploads/pdf/2015_10_030.pdf

BCネットワークの『がんと栄養サイト』の10月新コンテンツアップのお知らせ

ニュース 2015/10/08

10月に入り格段に涼しくなってまいりました。

”がんと栄養”サイトより10月の新トピックをアップしました。

『緑茶と抹茶パワーで健康維持しましょう』というタイトルで日本茶の本当の効用を米国認定栄養士の宮下麻子さんに教えていただきました。抹茶を使用した簡単レシピは、健康簡単料理教室主宰の村井容子さんに創作して頂きました。

世界中で見直されていて、日本人にはよく知っているはずの日本茶の本当の魅力と栄養素を把握して毎日の食事に応用しませんか?『簡単な抹茶ゼリー』も食後のデザート、がん治療中の方にも喉越しがすっきりして、栄養もありますので、是非試してみてください。

『がんと栄養』サイトよりご欄下さい。
http://gantoeiyo.comです。

山本眞基子
Makiko Yamamoto
Young Japanese Breast Cancer Network
BCネットワーク代表

10/20/2015:SHAREよりセミナーのお知らせです

講演会&イベント情報 2015/10/08

乳がん・卵巣がん患者支援団体SHAREよりセミナーのお知らせです。

10月20日(火)6時半からマンハッタンにあるJCCにおいて、乳がんについて数多くの本を出版されているスーザンラブ医師のセミナーが行われます。
フライヤーを添付しましたのでご覧ください。
詳細はこちらをクリックください

よろしくお願いします。

SHARE日本語プログラム
ブロディー愛子

The Nishimiya Fellows Program

ニュース 2015/10/06

The Nishimiya Fellows Program
2015 Program

2015 Fellow Bios

Mariko Kanai (Columbia University, Class of 2017)

Mariko Kanai is a second-year undergraduate student at Columbia, studying Biology and possibly concentrating in Human Rights. During her previous residency in Tokyo, she worked on a Japanese NGO’s Fukushima Project as an intern and created a program at her high school to provide vegetables to Minamisoma families in temporary housing. At Columbia, she is involved in the Consortium for Japan Relief and has recently developed a personal interest in how to approach and overcome adversity. Through this program she hopes to gain exposure to disaster medicine and the current status of relief efforts, strengthen our relationship with the people of Fukushima and FMU, and engage the community in a continuous discussion on issues surrounding March 11th.

20151006-nishimiya_fellows_program_presentation_mariko_kanai1.jpg

詳細はこちらをクリック下さい


---------------------------------------------------------------------------

Shimon Jacobs (College of Physicians and Surgeons Class of 2018) completed the 2015 Nishimiya Fellows Program.

20151006-fukushima_presentation_sj.jpg

詳細はこちらをクリック下さい


«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»