ホーム > NEWS & EVENTS > ニュース

The Nishimiya Fellows Program

ニュース 2015/10/06

The Nishimiya Fellows Program
2015 Program

2015 Fellow Bios

Mariko Kanai (Columbia University, Class of 2017)

Mariko Kanai is a second-year undergraduate student at Columbia, studying Biology and possibly concentrating in Human Rights. During her previous residency in Tokyo, she worked on a Japanese NGO’s Fukushima Project as an intern and created a program at her high school to provide vegetables to Minamisoma families in temporary housing. At Columbia, she is involved in the Consortium for Japan Relief and has recently developed a personal interest in how to approach and overcome adversity. Through this program she hopes to gain exposure to disaster medicine and the current status of relief efforts, strengthen our relationship with the people of Fukushima and FMU, and engage the community in a continuous discussion on issues surrounding March 11th.

20151006-nishimiya_fellows_program_presentation_mariko_kanai1.jpg

詳細はこちらをクリック下さい


---------------------------------------------------------------------------

Shimon Jacobs (College of Physicians and Surgeons Class of 2018) completed the 2015 Nishimiya Fellows Program.

20151006-fukushima_presentation_sj.jpg

詳細はこちらをクリック下さい


JAMSNET東京:外務省領事局 海外安全アプリの紹介

ニュース 2015/07/08

20130417-jamsnet____.jpg

外務省領事局が、この度、海外在住の方、海外旅行者向けに、スマホ用のアプリを作成しました。素晴らしい試みかと思います。”たびレジ”同様、是非、ご利用いただき、多くの方にご紹介いただければ幸いです。

◯海外安全アプリ
2015年7月1日より,海外安全アプリが公開されました。
1.海外安全アプリとは
海外にお住まいの方や海外旅行・出張中の方に、安全に係る情報をお届けすることを目的としたアプリです。
2.このアプリでできること
(1)スマートフォンのGPS機能を利用して現在地及び周辺国・地域の渡航情報を表示することが出来ます。
(2)任意の国・地域を「MY旅行情報」機能から選択することで、その国・地域に対する渡航情報が発出された場合にプッシュ通知で受信することが出来ます。
(3)各国・地域の緊急連絡先を確認することが出来ます。

仲本光一外務省診療所長
JAMSNET東京理事長
http://jamsnettokyo.org/

JAMSNETアジア代表世話人選挙:百武加恵先生が再選されました

ニュース 2015/06/30

第2期、2017年6月30日までの代表世話人の選出が行われました。現代表の任を請け負って頂きましたバムルンラード インターナショナル病院の百武加恵先生が、第2期も再選いたしました。

JB Line 渡邊さんから本の紹介

ニュース 2015/06/24

本の紹介をさせて頂きます。

ご縁があり、親の離婚に面する子供のための本を日本に紹介したいとおっしゃる京都ノートルダム女子大学の藤川洋子教授と神戸家庭裁判所主任家裁調査官の高島聡子様にボストンから数冊アメリカの本を送らせて頂いたのが2013年のクリスマスの頃でした。そのときの一冊がこの度藤川先生と高島様の共訳で素晴らしい本となりました。

以下ご紹介です:

本書は,小学校高学年から中学生程度の年齢の子を対象に想定しており,内容的にも,親の離婚に伴って起きる自分の感情の問題,親の紛争に巻き込まれたときの対処,面会交流を実施していく上で起きる様々な問題とその対処,親の再婚…といった,これまでの絵本と比べると相当突っ込んだ内容となっています。いずれの内容においても,逃げやごまかしはなく,親の離婚や別居は既定の事実であるという前提の上で,子どもに対して,自分の持つ感情はどのようなものであれ決して誤っていないと勇気づけ,このように伝えたり行動することで事態が少し改善されるという具体的な指針を示す,といったとても現実的な内容です。また,子に向けての本ではありますが,親自身,あるいは子の援助者や,離婚問題に関わる専門家といった大人が読んでも,親の紛争に巻き込まれた子の心理や,そのような子にかけてあげるべき言葉を考える上で,示唆に富む内容となっています。

詳細はこちらをクリックください

あとがきにJB Lineとまた私・渡邊との出会いを書いてくださっているとのこと。見せていただくのが楽しみです。機会がありましたら手にとって頂き、必要と思われるお子さんのもとに一冊でも多く届けばと思います。もし日本で求めてきて欲しいなどのご要望があればご連絡ください。宜しくお願い致します。

渡邊哲子

JB Line, Inc. (Japanese Bostonians Support Line) is the 501(c)(3) nonprofit organization to promote the physical and mental well being of our clients, who are primarily, but not limited to Japanese immigrants and their families living in New England. We provide services to clients primarily through a 24/7 hotline. We are also able to refer clients to local resources as necessary. In the case of an emergency, we are able to provide face-to-face direct support by staff and/or volunteers.

http://www.jbline.org (Japanese)
http://www.jbline.net (English)
JB Line on Twitter http://twitter.com/jblineboston (Japanese)
JB Line on Facebook http://www.facebook.com/jblineboston (mostly Japanese)

Kotaro Barnes Award 受賞者

ニュース 2015/05/21

2015 年度の Kotaro Barnes Award 受賞者発表: 窪田絵里さん (Sujata)

20150521-______.jpg

アバロン火災・被災者の集いが開催されました

ニュース 2015/04/27

20130318-jamsnetlogo.jpg

アバロン火災・被災者の集いがメンタルヘルスネットワークを中心に開催されました。
=親子のくつろぎ空間・ジャムズネットサロン=
日時:4月26日(日)10:00~12:00
場所:育英学園 (8 West Bayview Avenue, Englewood Cliffs, NJ) 体育室
主催:ジャムズネット(邦人医療支援ネットワーク)
協力:ニューヨーク育英学園、在ニューヨーク総領事館

20150427-untitled.png

null

第7回サクラ・ヘルスフェア開催のお知らせ

ニュース 2015/04/08

20130321-logo.jpg20130318-jamsnetlogo.jpg

20150331-20140413jamsworld_1381.jpg

ニューヨーク日系人会と邦人医療支援ネットワーク(JAMSNET)は、在NY日本国総領事館の後援を得て、2015年4月9日から27日の期間に、「 さくらと文化と健康」と題して多くのプログラムを企画しております。参加料は無料で(企画により材料代の徴収あり)、どなたでもご参加頂けます。知って得する情報が満載です。NY近郊にお住いの皆様、奮ってご参加ください。

申し込み・問い合わせ:日系人会
Tel: 212-840-6942, 6899
E-Mail: info@jaany.org

第7回サクラ・ヘルスフェア、スケジュールは下記からダウンロード頂けます。
スケジュールはこちらをクリックください

ジャムズネット・アジア:【報告】サイコロジカル・ファスト・エイド(PFA)WHO版 指導者研修会(12月19日~21日)PFA一日研修会(21日)

ニュース 2015/02/26

20140616-jamsnet_asia.png

ジャムズネット・アジアと厚生労働省科学研究費補助金事業「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究班:海外での被災邦人へのメンタルヘルス支援研究チーム」の共催により「サイコロジカル・ファスト・エイド(PFA)WHO版」指導者研修会および、養成した指導者によるPFA1日研修会を行いましたのでご報告申し上げます。

【指導者研修会概要】

日時:平成26年12月19日(金)から21日(日)
  19日(金)9時~16時30分
 20日(土)9時~17時
 21日(日)8時30分~17時(修了証授与)
場所:当館多目的ホール
受講者:13名
a.ジャムズネット・アジア メンバー(外務省関連以外)3名;シンガポール1名、タイ;2名
b.医務官 8名 (在ア首連大、在ミャンマー大、在南アフリカ大、在広州総、在バングラディッシュ大、在ラオス大、在フィリピン大、在ベトナム大)
c.領事担当官 2名(在フィリピン大、在マレーシア大)
講師:大沼涼子、大滝麻実(国立精神神経医療研究センター)、 鈴木(本省診療所副所長)

20150226-image017_1_.jpg 20150226-image018_1_.jpg

(指導者研修 研修中の様子)

20150226-image019_1_.jpg

  (指導者研修 集合写真)

【一日研修会概要】

日時:平成26年12月21日(日)
9時00分~16時30分
場所:当館多目的ホール
受講者:18名
a.ジャムズネット・アジアメンバー(外務省関連意外)3名;フィリピン;1名、タイ;2名
b.在タイ日本国大使館 5名(うち家族2名)
  c.医務官 1名;(在タイ大)
d.領事担当官 1名; (在ホーチミン総)
e.バンコクこころのでんわ 1名
f.泰日協会学校(バンコク日本人学校) 6名
g.海外邦人安全対策連絡協議会 1名
講師:指導者研修受講者13名
スーパーバイザー;鈴木診療所副所長(本省)、大沼、大滝(国立精神神経医療研究センター)
プログラム:  8時    受付
8時30分  PFA一日研修会 開始(11時30分~12時30分;昼休み)
         14時30分 終了(修了証授与)

20150226-image020_1_.jpg 20150226-image023_1_.jpg

(研修中の様子)



20150226-image024_1_.jpg

第36回「邦人医療支援ネットワーク:ジャムズネット」会議が開催されました

ニュース 2015/02/24

20130318-jamsnetlogo.jpg

本年度第1回目の、第36回「邦人医療支援ネットワーク:ジャムズネット」定例会議が開催されました。約30名のJAMSNET参加団体、またオブザーバーの皆さんが出席されました。

第36回「邦人医療支援ネットワーク:ジャムズネット」
日時:2015年2月18日(水)16時から18時
場所:在ニューヨーク日本国総領事館、19階大会議質
299 Park Avenue, 19th Floor
書記:JB Line

会議の様子:

20150224-jamsnet022415_036.jpg

20150224-jamsnet022415_009.jpg

20150224-jamsnet022415_006.jpg

20150224-jamsnet022415_003.jpg

20150224-jamsnet022415_013.jpg

HEIAN: ウェブサイト開設のお知らせ

ニュース 2015/02/19

みなさま、

またもやスノーストームの週末になってしまいましたが、暖かくしてお元気にお過ごしでしょうか?さて、本日2015年2月15日にHEIANウェブサイト http://www.heiannyc.org/

を日・英のバイリンガルで開設しました!ご利用の際は、ページの右上の国旗マークをクリックして日本語・英語の表示をお選び下さいませ。イベント情報や、介護に関するQ&Aの書き込みをしていただけますので、どうぞご活用下さいませ。皆様からの、ご意見・ご要望などもお伺いできることを楽しみにしております。

宜しくお願い申し上げます!

HEIAN運営部一同

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»