ホーム > JAMSNETとは

邦人医療支援ネットワーク(Japanese Medical Support Network:通称ジャムズネット)の構想は2005年8月、在ニューヨーク日本国総領事館に仲本光一医務官が着任され、コロンビア大学に私を訪ねてこられた時に端を発しています。常々、日本人支援団体がニューヨークに多く存在しているにもかかわらず相互の連携が少ないと感じていた私はその旨を率直に申し上げました。仲本医務官はこれに賛同され、総領事館を中心に支援ネットワーク構築に取り組まれました。この結果、2006年 1月ジャムズネットが発足し、2006年 1月12日には第1回会合が開催され、それ以来、3か月に 1回程度の頻度で会合が開催されています。また、在ニューヨーク総領事館のホームページにネットワーク参加団体のリストが掲載されると参加団体相互の連携が加速され、日本人コミュニティに有益な活動が活発に行われるようになりました。

2007年 3月にはサブグループの一つとしてメンタルヘルスネットワークが、2010年5月にはスペシャル・エデュケーション・ネットワークは発足しました。 私は、日本人コミュニティの健康に寄与する団体であれば、できる限り参加してほしいと考えており、20011年9月現在、参加団体は21団 体に至っています。 メンバーである「米国日本人医師会(Japanese Medical Society of America)http://www.jmsa.org/」が行う “Japanese Community Outreach Program”(JCOP)からの寄付金により、各団体の活動資金を支援しています。 在ニューヨーク総領事館の協力や、日本政府、日本の企業が共に日本人コミュニティへの支援という同じ目的のために連携・協力する体制を構築することができました。海外における邦人への支援にこうした官民の取組が必要であることは世界中どこでも同じであろうと考えます。それぞれの国・地域においても日本人支援のネットワークが構築され、国・地域ごとのネットワークが有機的に結びつき、定期的な情報交換を通じて同じ志を持つもの同士が相互に学び、地域の日本人コミュニティに対するより効果的な支援の在り方を共に考えることにより、世界各地の日本人コミュニティの安心と安全を促進できることを望んでおります。さらに、こうした活動を通じ、団体としても企業や国際/国内機関などから支援を受けることも可能となり、より一層成長することにつながるものと期待しています。

邦人医療支援ネットワーク代表・米国日本人医師会元会長
コロンビア大学医学部循環器内科学教授
本間 俊一